2007年11月26日

東京の旅3日目

りんくうLINES管理人gufoの日記
東京の旅3日目
東京方面もほとんど行きましたが、日本の台所といわれている築地にはまだ行ってなかったので、賑わいを見に行ってみると、なんと日曜日は休みということをすっかり忘れていました。閑散とした築地市場。多少の働いている人はいるものの、休みなので市場の中まで入れ、ゆっくり見学することができました。平日なら、子供を連れてゆっくり見学などできないのでしょう。私らみたいに日曜日に来る一般客も他にチラホラいました。そういう人のために場外では開いている店もありました。
築地市場
波除稲荷神社
今から350年程前、この築地一帯は一面の海でした。開府前より始まった江戸城西丸の増築に掘られた、お堀の揚げ土を以って日比谷入江から埋め始められた。
 そして70年の後、4代将軍家綱公が最後の埋立の工事困難を極めたのが、この築地海面でした。堤防を築いても築いても激波にさらわれてしまうのです。
 或夜の事、海面を光りを放って漂うものがあり、人々は不思議に思って船を出してみると、それは立派な稲荷大神の御神体でした。皆は畏れて、早速現在の地に社殿を作りお祀りして、皆で盛大なお祭をしました。ところがそれからというものは、波風がピタリとおさまり、工事はやすやすと進み埋立も終了致しました。萬治2年(1659)の事です。
人々は、その御神徳のあらたかさに驚き、稲荷大神に 『波除』 の尊称を奉り、又雲を従える<龍>、風を従える<虎>、一声で万物を威伏させる<獅子>の巨大な頭が数体奉納され、これを担いで回ったのが祭礼 『つきじ獅子祭』 の始まりです。
浜離宮恩賜庭園
潮入の池と二つの鴨場をもつ江戸時代の代表的な大名庭園。この地は、寛永年間(1624〜1644年)までは、将軍家の鷹狩場で、一面の芦原でした。ここに初めて屋敷を建てたのは、四代将軍家綱の弟で甲府宰相の松平綱重。承応3年(1654年)、綱重は将軍から海を埋め立てて甲府浜屋敷と呼ばれる別邸を建てる許しを得ました。その後、綱重の子供の綱豊(家宣)が六代将軍になったのを契機に、この屋敷は将軍家の別邸となり、名称も浜御殿と改められました。
 以来、歴代将軍によって幾度かの造園、改修工事が行なわれ、十一代将軍家斉のときにほぼ現在の姿の庭園が完成しました。
開園時間 午前9時〜午後5時
(入園は午後4時30分まで)
休園日 年末・年始

〒104-0046
中央区浜離宮庭園1-1
TEL 3541-0200
浜離宮恩賜庭園サービスセンター
入園料
 一般及び中学生 300円
 65歳以上      150円
 (小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
 20名以上の団体
  一般及び中学生 240円
  65歳以上 120円
汐留の再開発ビル群
電通本社ビル/汐留アネックスビル・「カレッタ汐留」
ジャン・ヌーベル、ジョン・ジャーディと大林組のコラボレーションによる設計
地下5階、地上48階
汐留メディアタワー/「共同通信」・「パークホテル東京」
地下4階、地上34階
汐留シティセンター
ケビン・ローシュによる近未来を予感させるデザイン
地下4階、地上43階
旧新橋停車場
日本テレビタワー(日テレタワー)
地下4階、地上32階
東京・汐留駅周辺のホテル・旅館はこちらからどうぞ
ペットと泊まれる宿予約
ペットホテル予約サービスは、宿泊はもちろん一時預かりも検索・予約できます。ペットホテルによって、様々な受け入れペットやトリミング・しつけ・検診など多様なサービスプランもご用意しております。お客様の大切なペットも大満足なペットホテル・サロン・動物病院を探してみませんか?

ラベル:東京 旅行 建築
posted by gufo at 01:31| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。