2007年11月10日

京都〜東寺・三十三間堂

りんくうLINES管理人gufoの日記
久しぶりの京都です。今回は東寺、京都駅ビル、三十三間堂、豊国神社というコースです。
東寺といえば、車で京都へ向かう時や新幹線でよく横を通っていましたが、実際、行ったのは初めてです。東寺の五重塔は日本で最大で最高高さらしいです。

東寺五重塔(国宝) 金堂(国宝)
東寺(正式には教王護国寺)世界文化遺産
京都府京都市南区九条町1
電話:075-671-9612(拝観受付)、075-691-3325(代)
拝観:境内と御影堂は自由。金堂・講堂の拝観は500円(9:00〜16:30)
アクセス:近鉄東寺駅下車徒歩5分、 JR京都駅南口(八条口)徒歩15分、市バス「九条大宮」、「東寺東門前」すぐ
宝蔵(重文)
京都タワー
設計は、山田守。構造設計は京都大学工学部建築学教室
構造:地上9階・地下3階(31m)
地上高さ:131m(展望室:地上100m)
敷地面積:2783m²
所在地:京都府京都市下京区烏丸七条下ル
オムロン本社別館ビル
京都市下京区油小路通塩小路下ル南不動堂町11
敷地面積:528u(約160坪)
延床面積:3,170u(約960坪)
規模:地上8階 鉄骨造
2007年3月(竣工)
設計・施工:竹中工務店
JR京都駅ビル
敷地面積 約38000m2
延床面積 約237700m2
設計 原広司/アトリエ・ファイ建築研究所
所在地 京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
竣工 1997年(平成9年)
そのあと、雨が降ってきたので、JR京都駅ビルでランチを食べることにしましたが、2時というのにまだどこも満員。あえなく地下街へ。JR京都駅ビルはその建築するときには、色々と問題がありました。国際指名コンペ方式で行われ、原広司、安藤忠雄、池原義郎、黒川紀章、ジェームス・スターリング、バーナード・チュミ、ペーター・ブスマンの7名で開催したが、結局一番高さの低い、梅田スカイビルの設計者「原広司氏」が選ばれることになりました。低さは一番低いけれども京都らしさというものがどこにも表現されていないということで今でも賛否両論がある建築。京都の美というものの1つに格子の連続というのがあるが、原氏の設計では連続と思いつつ見ていると、少し変化を持たせたものにあちこちで遭遇する。石の種類でも一種類ではなく多数の石の種類を不連続に張り合わせるというような手法を用いられたりする。京都以外の方が京都に訪れてまず出会うのが京都駅。そこで、斬新な大階段とアトリウム吹き抜け空間を体感したあと、社寺を見て心を落ち着かせるという変化も面白いのかもしれない。
蓮華王院 三十三間堂
〒605-0941 京都市東山区三十三間堂廻町657
TEL (075)561-0467
開門時間:8時〜17時(11月16日〜3月は9時〜16時)
年中無休、受付終了は30分前
駐車場… あり(50台)
拝観料:一般600円・高校中学400円・子供300円
基礎の部分の床下には漆喰を塗られています。 千一体の仏像には圧倒されました。感動の一言です。館内は撮影不可のため他ブログの写真をお借りしました。
豊国神社
京都市東山区大和大路正面茶屋町530
075-561-3802
宝物館拝観時間9:00〜17:00(受付16:30)
拝観料 300円(宝物館)
豊臣秀吉を祀る豊国神社は、豊臣氏滅亡後、家康に取り壊されてしまいましたが、現在の建物は明治13年に再建されたものです。

京都駅周辺のホテル・旅館はこちらからどうぞ

ラベル:建築 旅行 日帰り
posted by gufo at 22:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築設計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。