2007年08月30日

東北建築とグルメの旅5日目

あなたの旅の思い出をブログに書こう!
りんくうLINES管理人gufoの日記
5日目(最終日)は仙台周辺のコースで、伊達政宗の居城から石器時代の博物館までと歴史ツアーを敢行しました。
せんだいメディアテーク
設計は伊東豊雄氏
以前、コンペで当選したこの作品が現実のものとなり、柱は従来のラーメン構造ではなく、鉄製のチューブがいくつも集まっているような構造で、しかも垂直に伸びているのではなく、斜めに傾いたりしているといった今までに例を見ない構造体で、グッドデザイン賞もとり、世界からも注目を浴びていた。ただ、総工費130億円と当初より約6倍と巨額なものになっていたので、実際この目で確かめたかったのが今回の見学の目的です。確かにデザイン性や構造コンセプトとしては圧倒されるところはありましたが、市民図書館やアートギャラリーの目的でこれだけの金額を費やしてよかったのか疑問が残りました。個人的な意見としてはその費用を青葉城の再構築などに回したほうが観光につながるのではと思いました。
エレベーターやパイプシャフトなどもチューブ状の柱の中に配置されている。建築基準法などで例が無いし、また構造設計者の佐々木睦朗氏も色々苦労されたのだと思う。

せんだいメディアテークの関連書籍はこちら
仙台城址(青葉城跡)
宮城県仙台市青葉区天守台青葉城址
仙台城は伊達政宗により1610年に建てられたが、その後明治時代に政府によって取り壊された。青葉城資料展示館があり、そこでは当時の仙台城をCGで再現されていた。他にも仙台城見聞館や仙台市博物館もある。
地底の森ミュージアム
設計は日本設計
宮城県仙台市太白区長町南4-3-1
TEL022-246-9153
2万年前の遺跡をそのままの状態で公開されている。針葉樹を主とする湿地林の跡と旧石器人のキャンプ跡が見つかりました。
石器体験コーナーがあり、ここでは勾玉作りをさせてもらいました。滑石という軟らかい石をサンドペーパーで削っていき、完成させます。 勾玉手作りを家庭でしたい方はこちら
名取市民文化会館
設計は槙文彦氏
仙台空港旅客ターミナルビル
設計は日建設計
東北地方のおみやげはこちら
宮城・仙台周辺のホテル・旅館はこちらからどうぞ

ラベル:建築 東北 グルメ
posted by gufo at 09:28| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。