2007年08月27日

東北建築とグルメの旅2日目

あなたの旅の思い出をブログに書こう!
りんくうLINES管理人gufoの日記
2日目は青森〜岩手のコースで途中八甲田山、奥入瀬渓流、十和田湖を経て、岩手の花巻温泉郷にある新鉛温泉へ。自然のドライブを満喫できるコースです。
宿泊先より朝散歩に青森港まで出掛けました。青い海公園に三角形の観光物産館であるアスバムがあります。 青い森アリーナ
設計は池原義郎建築設計事務所
青森県では道路のガードレールはりんごの形をかたどっています。 青森県立保健大学
設計は黒川紀章建築都市設計事務所
国際芸術センター青森
設計は安藤忠雄氏
林の中をくぐり抜けて行くと施設はあります。水辺の廻りにアールのように配置され、横のラインがとても美しく、静かな森の中に建っています。
青森市大字合子沢字山崎152-6
TEL017-764-5200
ブナ林
八甲田山の萱野高原の途中にあるブナ林。このあたりの道路は走りやすく、ドライブするにはとても気持ちよいところでした。
奥入瀬渓流
ここは十和田湖から流れ出てくる川で、木々が水面までとても密接なところまで生えていて、TVCMに出てくるような景色の連続です。
おいらせ渓流観光センター
ここは団体さんが立ち寄る大型の施設。レストランは団体用と個人客用とに分かれています。
この観光センターでランチを。ここでは名物の熊笹うどん(700円)をいただくことに。茶そばに見えるがうどんです。
石ケ戸休憩所 十和田湖
花巻温泉郷の新鉛温泉愛燐館
このホテルは景色抜群の「川の湯」と「森の湯」、「南部の湯」の3つの浴槽が計13ものあるとても居心地のいいホテルでした。なによりホテルの方のサービスが良いです。
岩手県花巻市鉛字西鉛23
TEL0198-25-2341
夜は写真の料理に加えて、5つの「かまど料理」が食べ放題と熱々の「炭火焼料理」、「揚げ立て料理」や名物の「おむすび」などでお腹いっぱいになります。
川の湯
川と森を眺めながらゆっくり寛げました
子供がいるツアー客には花火と子供用おもちゃなど特典がいっぱい詰まっていました。
岩手・花巻温泉周辺のホテル・旅館はこちらからどうぞ

拡大地図を表示

posted by gufo at 00:39| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。