2006年07月12日

小旅行出石の旅

りんくうLINES管理人gufoの日記

日帰り旅行で兵庫県出石へそばを食べに行ってきました。3月の旅行の時に帰りに立ち寄るつもりができなくて、この日の朝に思い立ち、急遽行くことに。

そば道場 森の館
〒668−0263
兵庫県豊岡市出石町福住15−1
TEL     0796−52−2248
フリーダイアル 0120−17−2248
FAX     0796−52−2594
営業時間 10:30〜17:00
定 休 日  木曜日(祝日の時は営業)

出石の中心街へ行けばそば屋はたくさんありますが、ここのお店は少し中心から離れたところにあります。それで、陶芸やそば打ちの体験ができるところでもあります。このお店に行ったときはインターネットを見て来たといえば、何かいいものをプレゼントしていただけると思います。そばも1人前5皿で足りないと思ってましたが、子供の分の1皿をもらってちょうどお腹がいっぱいになりました。
帰りに近くにいい温泉ありませんか?と聞くと、但東シルク温泉をすすめられました。で、帰りに寄る事に。
そば粉が8割入っている、二八(にはち)蕎麦です。1人前は5皿で、薬味には鶏卵・山芋・ねぎ・わさびがつきます。
皿そば 840 円   追加1皿 126 円
陶芸作品がズラリ並んでいます。
ここで陶芸体験とそば打ち体験ができます。
そば打ち体験コース・・・ お1人1575円(2人前・10皿分)

陶芸1時間のコース・・・・お1人2000円
1.3kgの土で1〜2個作れます。
ひぼこホール
設計:いるか設計集団
日本建築学会 作品選奨
兵庫県出石郡出石町立出石中学校
設計:宮脇檀建築研究室
ここの中学校は境界に塀など全く無く、外部とはオープンになっています。隣に川が流れていますが、きれいに手入れされていて生徒も休み時間には遊ぶこともできると思います。
出石町立出石町立弘道小学校
設計:いるか設計集団
兵庫県 さわやか街づくり賞
小学校は最近は児童も先生も外部の人間に対して、ピリピリしてるので、あまりカメラで撮っていると不信に思われるので、中まで見れませんでした。
伊藤清永美術館
設計:宮脇檀建築研究室

この日は休館日で喫茶室のみ開いていたので、ここで休憩することに。少し宮脇建築に触れることができました。
辰鼓楼
明治4年に建設、同14年に大時計
を設置。現在の時計は3代目。
辰鼓楼のすぐ横にあるお堀に面してある店舗
出石の商店街並み 出石城
出石町役場
設計:宮脇檀建築研究室
但東町町営住宅小谷団地 ここは町営住宅で10戸が集まっている。しかも見てわかるように伝統建築が集まっている。
但東シルク温泉館
設計:地域計画建築研究所
兵庫県豊岡市但東町正法寺165
TEL/0796-54-0880
開館時間/AM6:00〜 PM11:00(入館はPM10:00まで)
毎月第3水曜日は点検のため、PM5:00〜PM11:00開館(祝日の場合 翌日)
入浴料金/大人 500円、中学生以下 300円、5歳未満 無料。やまびこ宿泊者 入湯税150円のみ
*男湯.女湯は日替わりになります。
グルメリア但馬市島店
〒611-0031
兵庫県丹波市市島町上田46
        (ライフピア市島隣)
TEL 0795-85-2612
営業時間 AM11:00〜PM9:00
定休日  毎週木曜日
駐車場あり
2〜10名様までの大小個室もあり
あみ焼き・しお焼きコース
付き出し/サラダ/焼野菜/ご飯/果物付き
あみ焼き 竹 \4,200
あみ焼き 松 \5,250〜

しお焼き 竹 \4,200
しお焼き 松 \5,250〜
お店の横にはポニーもいます この店は僕のお客さんから教えてもらったところで、以前から行きたいと思ってて、この日近くを通ったので、帰りに立ち寄ることに。但馬牛を食べた中では一番やわらかくておいしかったです。

ラベル:旅行 兵庫県
posted by gufo at 12:19| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
最近此方のブログを更新していなくって
気が付きませんでした。
出石へいらっしゃったのですね。
お蕎麦は辰鼓楼のすぐ下で頂きました。
Posted by KIKO at 2006年07月18日 17:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。