2009年01月03日

新春金沢 建築とグルメの旅2日目

りんくうLINES管理人gufoの日記
新春金沢建築とグルメの旅2日目は、金沢21世紀美術館〜金沢市玉川図書館〜石川県金沢港大野からくり記念館というルートでした。この日もほとんど移動距離はありません。
旧三田商店
石川県金沢市尾張町1-8-5
1930年(昭和5年)建築
金沢市の指定保存建造物に指定されています。
伝統産業工芸館(設計:谷口吉郎)
兼六園の敷地内に位置します。
石川県の優れた伝統工芸品である九谷焼、輪島塗、加賀友禅、金沢箔など36種類の工芸品を展示し、現代の暮らしと伝統工芸品のトータルコーディネートを提案。
金沢21世紀美術館
〒920-8509 石川県金沢市広坂1丁目2番1号
Tel:076-220-2800/Fax:076-220-2802
これは、最近金沢といえばここの美術館しか出てこないくらいのメジャーになってしまいました。
このエレベーターは上からも吊っていないし、枠やレールもありません。ただ、下から押し上げているだけです。劇場舞台の奈落みたいなものでしょうか。
建築家妹島和世さんの設計です。全体の形が円形で、外壁はアールのガラス張り。兼六園に隣接して建っています。展示は現代美術で、展示がとてもゆとりをもった感じがしました。展示品より建物に目が行ってしまいますね。あと、来場客が一般的に美術館ではシーンと静まり返るのですが、ここでは皆楽しんでいる様子です。
デジカメでは全体が撮れないため、いくつかにわけて撮ったものをパノラマソフトで自動でつなげました。このソフトは無料でつなぎ目などほとんどわからないし、全自動なのでお勧め。
ダウンロード  autostitchの使い方
『スイミング・プール』レアンドロ・エルリッヒの作品
プールの底に人がいるような?実は強化ガラスで水面近くだけ少し水が張られています。この美術館の中で一番面白いですね。
外壁はアールのガラスが全面にあります。透明感がとてもあります。
グリルオーツカ
石川県金沢市片町2-9-15
TEL 076-221-2646
正月明けからおせち料理で和食にそろそろ飽きてきた頃なので、ここで洋食を食べることに。
金沢市立玉川図書館
奥に見えるレンガ色の建物が谷口吉郎氏の設計、手前の近代建築が息子の谷口吉生氏の設計です。最初で最後の谷口親子の共同作品ということらしいです。
石川県金沢港大野からくり記念館
設計 内井昭蔵(内井昭蔵建築設計事務所)
所在地 石川県金沢市大野町4丁目甲2番29
竣工年 1996年
この日は惜しくも休日で、中には入れませんでした。ちらっと外から覗くとからくり人形などが見えましたが、ここに建っている場所は金沢港の先にあります。この場所になぜあるのかが少し不思議でした。
金沢 周辺のホテル・旅館はこちらからどうぞ
石川県の温泉旅行
石川県の温泉宿に泊まられた方のお客様評価ランキングなどをご紹介しています。

posted by gufo at 17:43| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。