2016年05月11日

ここ最近の南海電鉄は面白い

ここ最近の南海電鉄は面白い。
発想と改革とわかりやすさが旧来の保守から脱却しています。
加太線って、海の縁を走ってるので、わかりやすく「加太さかな線」。駅員さんの格好は魚屋さんを思い浮かべる姿。
ラピートは、少し前の赤い彗星シャアからスターウオーズまで。
高野線は、真田信繁を思い出させる真っ赤な車両。
みさき公園では、「遊園値、足りてる?」のキャッチ。
関空では、田原俊彦が、「愛が多すぎる」キャッチで、内股で南海体操を踊る何とも滑稽な姿がCMで流れてます。
と、次々と沿線の民衆を虜にしています。
ラベル:和歌山 電車
posted by gufo at 12:16| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。