2007年08月30日

東北建築とグルメの旅5日目

あなたの旅の思い出をブログに書こう!
りんくうLINES管理人gufoの日記
5日目(最終日)は仙台周辺のコースで、伊達政宗の居城から石器時代の博物館までと歴史ツアーを敢行しました。
せんだいメディアテーク
設計は伊東豊雄氏
以前、コンペで当選したこの作品が現実のものとなり、柱は従来のラーメン構造ではなく、鉄製のチューブがいくつも集まっているような構造で、しかも垂直に伸びているのではなく、斜めに傾いたりしているといった今までに例を見ない構造体で、グッドデザイン賞もとり、世界からも注目を浴びていた。ただ、総工費130億円と当初より約6倍と巨額なものになっていたので、実際この目で確かめたかったのが今回の見学の目的です。確かにデザイン性や構造コンセプトとしては圧倒されるところはありましたが、市民図書館やアートギャラリーの目的でこれだけの金額を費やしてよかったのか疑問が残りました。個人的な意見としてはその費用を青葉城の再構築などに回したほうが観光につながるのではと思いました。
エレベーターやパイプシャフトなどもチューブ状の柱の中に配置されている。建築基準法などで例が無いし、また構造設計者の佐々木睦朗氏も色々苦労されたのだと思う。

せんだいメディアテークの関連書籍はこちら
仙台城址(青葉城跡)
宮城県仙台市青葉区天守台青葉城址
仙台城は伊達政宗により1610年に建てられたが、その後明治時代に政府によって取り壊された。青葉城資料展示館があり、そこでは当時の仙台城をCGで再現されていた。他にも仙台城見聞館や仙台市博物館もある。
地底の森ミュージアム
設計は日本設計
宮城県仙台市太白区長町南4-3-1
TEL022-246-9153
2万年前の遺跡をそのままの状態で公開されている。針葉樹を主とする湿地林の跡と旧石器人のキャンプ跡が見つかりました。
石器体験コーナーがあり、ここでは勾玉作りをさせてもらいました。滑石という軟らかい石をサンドペーパーで削っていき、完成させます。 勾玉手作りを家庭でしたい方はこちら
名取市民文化会館
設計は槙文彦氏
仙台空港旅客ターミナルビル
設計は日建設計
東北地方のおみやげはこちら
宮城・仙台周辺のホテル・旅館はこちらからどうぞ

ラベル:建築 東北 グルメ
posted by gufo at 09:28| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

東北建築とグルメの旅4日目

あなたの旅の思い出をブログに書こう!
りんくうLINES管理人gufoの日記
4日目は山形〜宮城のコースで、最終宿泊地です。山形の酒田市から宮城県仙台市までは高速道路がほとんど通っていますが、山の峠付近の一部だけ一般道を通る部分もありましたが、峠を通る国道とは思えないほどの良い道路でした。宮城に入ってからは、仙台を通り越し、松島〜石巻まで足を伸ばしました。
ひらたタウンセンター
設計は富永譲氏
最上川ふるさと総合公園センターハウス
設計は内藤廣氏
山形県寒河江市寒河江(サービスエリア内)
島料理 友福丸
宮城県石巻市中央2丁目11-35
TEL0225-22-2851
石ノ森萬画館のすぐ川の対岸にあるお店で、宮沢賢治記念館のすぐ近くにあり、地元の漁港で採れた新鮮な魚が食べれます。
石ノ森萬画館
設計は日本設計
宮城県石巻市中瀬2-7
TEL0225-96-5055
ガッチャマンのブース
ハクション大魔王のブース
ハクション大魔王の関連グッズはこちら
仮面ライダーのブース
仮面ライダーの関連グッズはこちら
通路にはキカイダーなど様々なヒーローが並んでいます
がんばれロボコンが玄関入るとすぐにお出迎えです。
水の洞窟(北上川・運河交流館)
設計は隈研吾氏
宮城県石巻市水押
建物は地面に埋もれたかのような感じで、周囲の川の景観をとても配慮した設計になっています。
松島ヨットハーバー公園事務所
設計は阿部仁史氏
松島の砂浜からヨットハーバーへ行く途中に少しミステリアスな岩と岩の間をすり抜ける部分があります。その近くには岩をくりぬいてお墓らしきものもあります。
日本三景の1つ松島。ここはやはり観光客が多い。伊達家の菩提寺である瑞巌寺は行けなかったが、少しの時間砂浜で滞在していると、この松で覆われた島が奥ゆかしく美しく思えてきました。
ふれあいエスプ塩竃
設計は長谷川逸子氏
宮城県塩竃市東玉川町9-1
SSM菅野美術館
設計は阿部仁史氏
宮城県塩竈市玉川3-4-15
TEL022-361-1222
ライブラリーホテル東二番丁
宮城県仙台市青葉区本町2-15-10
TEL022-221-7666
最終宿泊地はこのホテルです。とても内装がモダンで、ロビーにはライブラリーとあるだけに建築の本も置いてある。とても居心地の良いホテルでした。
 
味の牛たん きすけ
仙台は牛タンが名物だと聞いていたので、夜はそれを食べるしかないと、ホテルからすぐ近くのお店でしかも有名店とあってここに行くことに。
仙台市青葉区一番町4-10-14定禅寺ビル地階
TEL022-266-2118
宮城・仙台周辺のホテル・旅館はこちらからどうぞ

ラベル:東北 建築 グルメ
posted by gufo at 17:13| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東北建築とグルメの旅3日目

りんくうLINES管理人gufoの日記
3日目は岩手〜山形のコースで、目的地は今回の旅行の目玉ともいえる山形県酒田市の土門拳記念館です。しかし、岩手から酒田市まで高速道路がほとんど開通していなく、地道を通ることになったので、結構時間的に余裕が無く、目的地に着くのが閉館ぎりぎりになってしまいました。
東北は日本の米どころと思わせる風景がいっぱいあります。こういう景色の中ドライブするのはとても気持ちが良いですね。 田んぼの真ん中に少し高い木が生えて、それに取り囲まれているかのように住宅がポツンとあります。このあたりではこういう風景があちこちに点在しています。これも先人の知恵ですね。防風林を植えることによって冬、その家の温度が何度か上がります。
花巻市総合体育館
設計は古市徹雄氏

宮沢賢治イーハトーブ館
設計は古市徹雄氏
宮沢賢治記念館のすぐ近くにあり、建物の前には水辺が階段のように流れていて、あたかも自然の中に溶け込むような形で建っています。しかし、バリアフリーの意味で言えばスロープが無いのが残念でした。この館は展示のほかにホールや図書室などあり、入場無料です。
岩手県花巻市高松1-1
TEL0198-31-2116
秋田県立近代美術館
設計は山下設計
田畑と道路との間にこういうスチール製のフェンスのようなものが多数見受けられました。しかもルーバーみたいなものが見えているのですが、可動式のようになっているようです。おそらく暴風フェンスなのでしょうか?大阪では見たことが無いのでわかりません。
日本海がもうすぐというところで、風力発電が並んでいました。鳥取や沖縄に行ったときにも見た風景です。 やっと日本海にたどり着きました。
白瀬南極探検隊記念館
設計は黒川紀章氏
記念館のすぐ隣の公園に帆船があります。

酒田市営国体記念体育館
この体育館も予てから見たかった建築でした。このシャープな庇のディテールが今までの建築にも大変影響された1つです。
設計は谷口吉生氏
山形県酒田市飯森山2丁目296-1
土門拳記念館
やっとたどり着いた目的の建築でした。写真でしか見た事が無かった建築でしたが、やはり一度この目で見てみて大変端正で美しい建築でした。
設計は谷口吉生氏
山形県酒田市宮野浦飯森山北13
TEL0234-31-0028
 
東北公益文科大学
設計は日本設計
酒田市美術館
設計は池原義郎氏
この日の夜は酒田市の市街地へ繰り出し、郷土料理をと思ったのですが、意外とお店が少なく、活気が無いように思えました。しかし、行き着いたお店で1日目食べれなかった比内地鶏を食べることができました。
三代目 兵六玉 酒田店
山形県酒田市中町2-1-9
TEL0120-46-5688
山形・酒田周辺のホテル・旅館はこちらからどうぞ

ラベル:東北 建築 グルメ
posted by gufo at 13:28| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

東北建築とグルメの旅2日目

あなたの旅の思い出をブログに書こう!
りんくうLINES管理人gufoの日記
2日目は青森〜岩手のコースで途中八甲田山、奥入瀬渓流、十和田湖を経て、岩手の花巻温泉郷にある新鉛温泉へ。自然のドライブを満喫できるコースです。
宿泊先より朝散歩に青森港まで出掛けました。青い海公園に三角形の観光物産館であるアスバムがあります。 青い森アリーナ
設計は池原義郎建築設計事務所
青森県では道路のガードレールはりんごの形をかたどっています。 青森県立保健大学
設計は黒川紀章建築都市設計事務所
国際芸術センター青森
設計は安藤忠雄氏
林の中をくぐり抜けて行くと施設はあります。水辺の廻りにアールのように配置され、横のラインがとても美しく、静かな森の中に建っています。
青森市大字合子沢字山崎152-6
TEL017-764-5200
ブナ林
八甲田山の萱野高原の途中にあるブナ林。このあたりの道路は走りやすく、ドライブするにはとても気持ちよいところでした。
奥入瀬渓流
ここは十和田湖から流れ出てくる川で、木々が水面までとても密接なところまで生えていて、TVCMに出てくるような景色の連続です。
おいらせ渓流観光センター
ここは団体さんが立ち寄る大型の施設。レストランは団体用と個人客用とに分かれています。
この観光センターでランチを。ここでは名物の熊笹うどん(700円)をいただくことに。茶そばに見えるがうどんです。
石ケ戸休憩所 十和田湖
花巻温泉郷の新鉛温泉愛燐館
このホテルは景色抜群の「川の湯」と「森の湯」、「南部の湯」の3つの浴槽が計13ものあるとても居心地のいいホテルでした。なによりホテルの方のサービスが良いです。
岩手県花巻市鉛字西鉛23
TEL0198-25-2341
夜は写真の料理に加えて、5つの「かまど料理」が食べ放題と熱々の「炭火焼料理」、「揚げ立て料理」や名物の「おむすび」などでお腹いっぱいになります。
川の湯
川と森を眺めながらゆっくり寛げました
子供がいるツアー客には花火と子供用おもちゃなど特典がいっぱい詰まっていました。
岩手・花巻温泉周辺のホテル・旅館はこちらからどうぞ

拡大地図を表示

posted by gufo at 00:39| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

東北建築とグルメの旅1日目

あなたの旅の思い出をブログに書こう!
りんくうLINES管理人gufoの日記
東北旅行は予てから山形県酒田市の土門拳記念館へ行きたかったので、ある意味待ち遠しい旅行でした。いつもは交通手段と宿泊施設とは別々に予約するのですが、今回は楽天トラベルでANAとホテルのパックツアーが新しくできたのでそれを利用しました。
今回は4泊5日の東北6県のうち5県を回る少し遠距離なツアーとなります。行きは大阪伊丹空港発〜秋田県の大館能代空港着。帰りは宮城県の仙台空港発となります。こういう異なった空港でもパックツアーでネットで予約できます。さらにANAのマイレージも貯まり、楽天ポイントも貯まります。
1日目は秋田大館能代空港に12:40に着き、レンタカーを借りました。これもネット予約。ニッポンレンタカーではツタヤカードのTポイントも貯まります。
1日前に沖縄那覇空港で飛行機炎上事故があったので、このプロペラ機は結構ドキドキしました。 ランチは大館市で比内地鶏を食べようと目的の店に行ったが、着いたのが14:00を過ぎていて食べれず、隣のお店で。しかし、アンティークな感じでしかも料理がおいしくて良かったです。
大館樹海ドーム
設計は伊東豊雄氏+竹中工務店。
遠くから見るとまるで貝殻が浮かんでいるように見える。
大館市樹海体育館
設計は都市再生機構+石本建築事務所
青森県立美術館
設計は青木淳氏
外観は真っ白で、室内に入っても真っ白。雪が積もれば建物の存在がわからなくなり自然に溶け込むような感じです。
青森市大字安田字近野185
TEL017-783-3000
あおもり犬
弘前市出身の美術家、奈良美智の常設展があり、このあおもり犬は8.5mの立体作品。このほか、棟方志功など青森に関係のある芸術家作品が展示されています。
宿泊したホテルの近くのお店で、郷土料理を探していました。「銭形平二」というお店で、なかなか時代劇を思い出すような店内です。
青森市本町2丁目5
TEL017-723-5454
青森市内周辺のホテル・旅館はこちらからどうぞ
高速バス予約
楽天トラベルで全国125都市の高速バスを購入できるのは、40社以上の旅行会社(企画実施会社)の高速バスを販売しているからです!バスタイプや料金、設備など各社オリジナルのサービスをご提供しております。ご希望に合ったバスをお選びください。

ラベル:建築 東北 グルメ
posted by gufo at 21:19| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。